香港旅行1~搭乗まですら長いのだ~

さてさて、9月12日から15日にかけての香港旅行。
さらりと書いていきたいと思います。

飛行機の出発は18時。
ツアーの紙には16時には集合しておいてくださいと書いてあるので、私たちは15時に空港で待ち合わせることになりました。

荷造りを前日の夜から当日の昼にかけて仕上げ(ギリギリにも程がある)、13時頃にようやく準備完了。
最後にざっと確認し、いざ出発!

ちなみに荷物はこんな感じ。
ナイフ ランプ かばんにつめこんで

オレンジなんで超目立ちます。
これで迷子になる心配もありませんね! うふふ私頭いい!

さてさて、空港行きのバスは13時50分。
バス停は家のすぐ傍なので10分前に家を出て待機していました。
待っている間、すでに不安がむくむくと……。

飛行機に3、4時間も乗っているなら何か時間を潰すための本を持ってくるべきだったかなぁとか。
お金3万円持ってきたけど万一足りなかったらどうしようとか。
大事なもの忘れてないよなぁ、大丈夫だよなぁ、とかとか。
もう不安尽くしですw

しかし家に戻っている間にバスが来たら笑えない。もうここは覚悟の見せ場です。早速なけなしの勇気を使うときが来たのです。なるようになぁれ!
――そんなわけで不安は奥に押し込み、ひたすらじっと待つことにしました。
ふと思い立ち母と父に「行ってきます」のメールを送信。
さあ……!

そして2分くらいの遅れでバス到着。
運転手さん「どうぞ」
あずさ「ありがとうございま」

がっ ごっ

……。
……き、キャリーバックってこんなに重かったかしら(´∀`;)
早速壁が立ちはだかるか……!
バスの入り口め、我の香港行きをそんなに阻止したいか……!
だがこんなところで負けているわけにはいかぬ――

運転手さん「あ、いいですよ運びます(ひょい)」
あずさ「ありがとうございます!」

運転手さん優しい。超優しい。


いざバスに揺られて思いましたが、暇潰しがなくて大丈夫だろうかという危惧はあまり必要ありませんでした。
というのも私、よく考えたら外の景色をぼんやり眺めているだけで楽しめちゃう子なんでしたw
まあ、何もしないなんて時間がもったいないじゃないかという気持ちはなくもないんですが……。
せっかくの旅行なんだもの、贅沢したっていいじゃない!


こういう風にバスに長時間乗って移動するとき、春樹たちならどうなるのかなーとか考えてるのも面白かったです。
まず大樹は騒ぐよね。はしゃぐよね。そんで春樹たちに注意されるよね。
春樹は私と同様、ぼんやり外を見ていたいタイプだと思います。
移動先で何をするかにもよりますが、考え事をまとめたり。
ていうか、酔うからあまりはしゃげない(笑)
葉兄?
速攻で寝ますが何か。


まあこんな風につらつら考えを巡らせつつ、あっという間に空港に到着です。
降りるときも「やっべ下ろせるかなまたぶつけたりしたらどうしよう」と内心で焦っていた私を見透かしたかのように運転手さんは荷物を下ろすのを手伝ってくれました。
前のお兄さんの荷物はスルーでしたのにwwありがとう運転手さんww

ウロウロしているうちにみんなと合流。
ちなみに私たちの合流方法。


前日のママ
「よく分かんないからANAの前ね! それなら多分分かるでしょ!」


なんという大雑把。


しかしそこはみんなの底力、無事にあっさりちゃっかり合流しました。
時間までもちゃもちゃ。
ただ手続きがよく分からなくて、しかも時間は16時までまだまだあるので、その辺にいるスタッフさんに聞いてみることにしました。
ここで効率重視派のらき嬢、「二手に分かれようよ。荷物持って待ってる組と、聞いてくる組」
なーるほどねー!

で、私とママが聞きに行くことに(`・ω・)ゝ行ってきます隊長!

旅行会社からもらった紙には、eチケット専用の自動手続き機があるみたいなんですね。
よく分からなくてもそれを見つければ何とかなるんじゃないかなぁと淡い期待を胸に抱きつつ……
見つからない。
国際線は端の方なんですぐに行き止まりにぶち当たりました。

あずさ「……聞くか」
ママ「だね」
綺麗なお姉さんにロックオン!
ママ「すみませーん。eチケットの自動手続き機ってありませんか?」
お姉さん「すいません、ここにはないんですよぉ~」

あずさ「Σ(´゜ω゜`;)」
ママ「Σ(´゜ω゜`;)」
あずさ「ないん……ですか……」
お姉さん「はい、すいません」
ママ「そうですか、ありがとうございました」

「「……(´・ω・`)」」

二人のこのがっかり加減は半端なかったです。

ママ「……ないなら書かないでほしいんだけど」
あずさ「だよなー! あ、でもきっと東京にはあるんだぜ!」
ママ「そうか、新千歳だからないのか! 東京め!」
あずさ「格差め!」

東京に対して恨みや毒を吐きまくる女子大生。でも北海道大好きです。
だから無い北海道にじゃなくて有る東京に恨みを抱くのです。理不尽!

荷物番の二人のところへ戻って報告。
しかし色々と考えた結果何とかなりそうだったので、時間まで北京ダックの中国語読みをひたすら練習したり……

あずさ「え、北京ダックって皮なの? 包むの? え?」
ばぁば「そうだよー」
ママ「何だと思ってたのさ」
あずさ「いや、こう、骨つき肉みたいな」
らき「それ七面鳥とかだから」
あずさ「……」

常識が覆された……だと……。

そして香港ドルに換金です。
見たことのない紙幣にテンション上がり。たぎってきた。やっふぅ!
香港ドルカッコ良すぎるぅうううう!!!


香港ドルのかっこよさは異常


~搭乗編に続く(爆)~
スポンサーサイト
Home |  Category:雑記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

あずさ

Author:あずさ
武器:シャーペン、ノート、パソコン、ポメラ
レベル:29
二つ名:囁(アビス)
あだ名:エゴイスティックスケコマシ
四字熟語:好色生活
(※二つ名メーカー、脳内メーカー等による結果)
アイコン:朧夜緋雨さまから

最新記事
カテゴリ
呟き、囁き、ぼやきに寝言
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード