どうして執筆とはこうもしんどいのか

みなさまこんにちは。あずさです。
最近悶々とすることも増え、それに伴い執筆も停滞がちになっているところです。
いや、執筆が詰まっているから感情がもやもやしてしまうのでしょうか。
卵が先か鶏が先か。ぐぬん。

とても褒められた感情ではないのですが、自分のブログですし、好きにさらけ出してしまってもいいかなと。
そんなことを思い立ち、カタカタとキーボードを打っていますですなう。
そんなことをしている暇があったら小説書けよ、なんて声も聞こえてきそうですが。
だって詰んでるんですもの。
鬱々としたぼやきが嫌な方はお帰りくださいませ。



前々からではあったのですが、小説家になろう様なんかにも投稿させていただいて数字が如実に表れることもあり、毎度毎度、嫉妬と自己嫌悪の波がえんやこらどんぶらこ。
先日はそこそこ身近な方が、新人賞の選考を突破していたり、はたまた、とうとう書籍化の話が来たという話を耳にしました。

羨ましい。

羨ましい。(二度言うほどに)


そういうお話を聞くたびに、自分の現状・実力を思い返し、そして絶望感にうちひしがれます。

とはいえ、分かってはいるのです。

相手がどんなに凄くても、凄くなくても、それは関係なくて、結局は自分がダメなだけなのだと、力不足、実力不足なだけなのだと、分かってはいるのです。
それは以前から感じていて。
自分の作品を見返すたびにまざまざと未熟さを知らされて。
だけどどうしたら良くなるかなんて分からなくて、苦し紛れの方法に逃げたりして、でもやっぱり実力が伴わなくて。

そうやって目を背けていたことが、周囲の華々しい成果によって、これでもかというほどに見せつけられてしまうんですね。
自分と相手の差が現実となってのし掛かってくるような。
それがなかなかどうして、苦しいのです。

うー。
やだなぁ、やだなぁ。
こんな感情、苦しいなぁ。

初めはただ、好きに書きたいだけでした。
書くのが楽しくて、楽しくて、それだけでした。
どんなに拙くても、自分の考えたキャラが、自分の考えた世界で、生きて、動いて――その想像、いやむしろ妄想が、楽しかった。
それが形になるのが嬉しかった。
形にするという行為だけで楽しかった。
本当にそれだけでした。

だけど、今は少し、しんどいです。
何のために書いているのか、誰のために書いているのか、分からなくなってきた気がします。
自分のためだと開き直ることすらできません。
だって今の自分は自分自身さえろくに満足させてあげられない。

キャラに、世界に、愛着はあるんだ。
執筆という行為に、今でも思い入れはあるんだ。

だけど上手く書けないんだ。
周りに認めてもらえないんだ。
それが悔しいし、悲しいし、しんどいんだ。
自分自身でさえ、自分の作品をなんだか上手に認めてあげることができないんだ。
そうしたらもう、この作品たちはどうやって生きていけばいいんだろう。

好きだからこそ、愛着があるからこそ、素敵に書き上げてあげたいし、色んな人に認めてもらいたい。
だけど、だけど、自分には才能がない。
それは以前から、周囲と比較するまでもなく薄々感じていたけれど、ここ最近は比較も加えて痛いほどに、残酷なほどに分かってしまう。

苦しいですね。
情けないですね。

他の方々はどうやってこういう気持ちを乗り越えているのでしょうか。
私はきっと、このまま燻った気持ちを抱えながら、それでも苦し紛れに書いていくのでしょうね。
どうせダメだと思いながらも、それでも書かなきゃ、スタートラインにすら立てないんですもの。
というか、きっと、しんどいと思ってしまうことがもう才能のない現れでもあるんだろうなと。
本当に才能のある人は、きっと楽しんだ結果が形となってついてくるのだろうなと……。
そんな思いにまた自分でがっかりするのです。
ああ、しんどいなぁ。
スポンサーサイト
Home |  Category:雑記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

あずさ

Author:あずさ
武器:シャーペン、ノート、パソコン、ポメラ
レベル:29
二つ名:囁(アビス)
あだ名:エゴイスティックスケコマシ
四字熟語:好色生活
(※二つ名メーカー、脳内メーカー等による結果)
アイコン:朧夜緋雨さまから

最新記事
カテゴリ
呟き、囁き、ぼやきに寝言
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード