二次元に生きたい

もうすぐ今年も終わりますね。あっという間すぎて動揺しています。
嘘だ……もう12月なんて嘘だ……。


10月頃から黒バスの二次創作に手を出し、ごろごろと坂を転がり始め、はや、3ヶ月。
そう、怒涛のローリング状態からそろそろ3ヶ月になるわけです。
なんかもう自分でもよくもまあ……と呆れるような、感慨深いような。

以下、振り返り\(^o^)/



季節外れの肝試し | http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1542562

黒バス小説、処女作。
ホラーの時期なんてとっくに過ぎてるのに黒バスホラー\(^o^)/いやでもタイトルにもちゃんと季節外れって書いてますしね…?
まあ作中の時期は春休みなんでどう足掻いてもおかしいんですけど。
黒バスホラータグを漁りまくったあずささんは我慢ができずについやってしまったのでした。
ちなみに、ドキドキしたんですが、ルーキーランキング入りさせてもらいました。人気ジャンルすげぇ。パネェ。
全部で五話。
投稿は10/8~10/15で……5万字くらい書いたんじゃないっすかね……?
いつから書き始めたのか覚えてないんで、実際の執筆時間はもうちょいあったと思いますけど。うへぇ。勢いって怖い。
面白いタグも貰えたりして、思っていたより温かく受け入れてもらえて、

そりゃ、投稿にもハマっちゃうよね←


先輩がかっこ良すぎて生きるのがつらい | http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1582254

外回り中にね、思ったんです。
先輩クラスタなチャリアって可愛くないか?
え、可愛い。絶対可愛い。やばい可愛い。
書きたい。すげぇ書きたい。やばい書きたい。
書く。
残業するつもりだったけどたまらん、だめだ、帰る、書く。
……そうしてガチで残業を取りやめ、勢いのまま、ほぼ一日で書き上げました。
そうしたら、なんか、思ったよりも反応が良くてですね。
え? あれ? これ前作(肝試し)抜くんじゃね?w
とか思っていたら、まさかのまさかで、デイリーランキング入りをしていました。初です。前作でルーキー入りはしてましたけど、それで終わると思っていました。デイリーなんて夢だろうと。
だから通知を見た瞬間ガチで見間違いかと思いました。
ちなみにルーキーランキングってのは、一度もデイリーに入ったことがない人が対象だそうで。だからこれがランキング入りの最後の瞬間か……でもいい思い出になった……ありがとう、秀徳愛してるぅううううぅうう!
と、あずさは更に秀徳への愛を深めたのでした。まだ20巻読んでない……うばばば。


「Trick or Treat?」の読み方は、 | http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1596852

沖縄旅行を挟むからハロウィン当日は無理だなぁ、でもせっかくだし何か書きたいなぁ、という息抜きの感覚で書いたブツ。肝試しと同じ設定。けどろくに説明はないという不親切設計。
もう高尾の一人称が楽しくて楽しくて。無駄口のオンパレードですが、書いててやたら楽しかったです。
前編と後編。
前編を書いて満足しちゃったんで、後編は蛇足的。でもきちんと終わらせることができて良かったかなーと。
あと、ホラー詐欺にも程があるほどにホラー要素は薄いです。消されてしまいましたが、タグでも「ホラーなのにほのぼの」と言われてましたw
ホラーなんて書けんのだよ……!


俺らの後輩がこんなに可愛いわけがない | http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1633176

一応『先輩たちがry』に関連づけて。
先輩クラスタな後輩組を書いたので、後輩クラスタな先輩組を。
ここでまさかの再びデイリーランキング入り。嬉しいやら驚くやら。みんな秀徳大好きね! 私も好きだよ!
ただ、ちょっと詰め込みすぎて若干失敗したなと思っています。
あとタイトルはすみません。自重しようなあずさ。ハイ。


狙ってないのに「あざとい」と言われる高尾くんの話 | http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1678249

だからあずさ、お前、タイトル……(白目
分かってる人にはもうバレバレすぎるほどのことなんですが、あずさは、高尾クラスタです。高尾高尾うるさいです。でもなかなかリアルの友人には分かってもらえません。ちくしょう!
けどネットで見る限りは、アニメ化を機に人気急上昇した高尾さん。チャラい、あざといと言われまくりな高尾さん。
……めっちゃあざといのに、実は素だったりしたら……ちょっと、可愛いんでない……?
そう、何かの乗り物に揺られているときに思ったのがキッカケだった気がします。じわじわと、あ、じゃあ書いてみようかなーと。緩く書き始めました。
こんなん書いておきながら、普通にチャラくて普通にあざといんだと思うんですけどね\(^o^)/そんな君もSUKI
ちなみに初の腐向けタグ使用。BLではないんですが、テーマがいかにあざとく書くかだったんで、念のため。
そんなわけで、一人で妄想し悶えつつも緩く書き上げ……
それがいつの間にか、初のデイリーを果たした、自己ベスト記録の『先輩たちがry』を超えるだなんて、このときあずさは、微塵も思わなかったのでした。
ちなみにタグでやたらと「あざとい」と言われました。やったね! 目標は果たした!


狙ってないのに「あざとい」と言われる高尾くんが心配な緑間くんの話 | http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1712564

はい前作続けちゃいました。調子に乗ってしまいました。
ただ、こちらはちょっと不完全燃焼。
書いている間も筆が乗らず……まとまりもなく、あざとさも軽減。
ここであずさは、ひっそりと、リベンジを誓うのでした。なんてこったい。


「そうだ、遊園地に行こう」「「サー、イエッサー」」 | http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1724133

もうお前高尾がいれば何でもいいんだろ。そう言われたらあながち間違っていないわけで、今回、ひたすら「PG一年組可愛い。何か書きたい。可愛い。何か書こう。可愛い。仲良くもちゃもちゃしててら可愛い。軽口叩き合ってたら可愛い。なんも浮かばねえ。でも可愛い。書きたい。浮かばん」という感情のままに筆を取りました。もう捏造がハンパない組み合わせですが、いいんです、二次創作ではよくあることです。
そんな流れだった割に、いざ書き始めてみたら、筆が進む進む。もうとにかく進む。ただまあ、描写はめっちゃ薄いです。ひたすら喋らせてるのに近い。いやはやでも楽しい。
もう謎の満足感と達成感を抱きました。そうしたら。
デイリーランキング入り、まさかの、2位。
……え……?
…………え…………?
ちょっと誰か夢なら……あ、起こさなくてもいいです。ありがとうございます。おやすみなさい。
「ほらほら、みんなこういうの好きなんだろ?…………俺は好きだ!!!」「ねえ可愛いでしょこいつらほんと可愛いでしょねえほらねえねええええ???」という気持ちはグリグリ込めていましたが、なんというか、今でも信じられなかったりします。
今は1000users入りを果たしました。ありがとうございます。処女作のときに100users入りできたらいいなぁ~……なんて思っていたのに。人気ジャンルすげぇ……。


狙ってないのに「あざとい」と言われる高尾くんを拾った火神くんの話 | http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1740662

あざと高尾さん、リベンジ編。
外回りのバスの中で唐突にあざといシーンが浮かんだので、執筆開始。
このシリーズを書いているせいで高尾というキャラを見失いそうになりました。あざとい、がゲシュタルト崩壊もしました。
しかし反応を見る限り、なかなかあざとく書けていたようで良かったです。
前回よりもキレイに書けた気がするので、それを含め、なかなか満足。デイランもありがとうございます!
けどさすがにもうネタが尽きました。あざといシーンって何だよ! しかも男がやって不自然じゃないレベルのあざとさって何だよ!
自分の中で、ギャグじゃないなら不自然すぎるキャラの書き方は嫌だな~というよく分からない基準があるので、色々と限界と崩壊を迎えている今日この頃です。


【もはや】あの人気番組無敵戦隊PGがノベライズ!?【四次創作】 | http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1743425

これは詳しくは語りません。完全なる自己満足でありつつ、元ネタ様への愛を叫ぶだけのものなので。流れが決まっているものだったので、二万字近くあるのにほぼ三日で書き上げてしまったという。愛。


「どうしてこうなったか五文字以内で」「「すみません」」 |http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1772890

本日投稿したブツ。再度、PG一年組。
仲良しPG一年組も可愛いけど、そんなPG一年組が喧嘩したら可愛くない?
そんなよく分からないノリで書き始めたんですが、どうしてこうなった。自分でも首を傾げています。ちゃんと考えて書かなきゃ駄目ですね。一体これは誰得なのか。
しかしある意味、あずさらしいノリで書けた作品のような気もしています。なんというか、気の抜ける感じ? シリアル??
しかし現在進行形で、今まで以上に閲覧ペースが早い気がしてビックリしてます……。
いや、毎回投稿するたびに、反応速度がどうだったか思い出せなくて「こんなもんだったかな? あれ? 早い? 遅い?」と混乱してるんですけどね。やっぱり投稿した後は反応が気になるもんで……。
本当はちょっと上手くまとまらなくて、自分で読んでて萌えなかったんで没にしようとしたんですが。
1万字以上書いたもので、没にするのがもったいなくなってしまったのでした。捨てる勇気も必要だとは思うんですけどね。ほんのちょっとでも需要があれば、まぁ、いいかなって……ハイ。もうちょい頑張れなあずさ。ウス。





以上、あずさのここ3ヶ月の歴史でした。これはひどい。
いい加減自分の創作も見直さないとですね……といっても、まだ黒バスで書きたいネタはあるんですけれど。
周りは少しずつ落ち着いているのか、投稿数も目に見えて減っていて寂しい限り。アニメ二期がやればまた盛り上がるんでしょうか。
しかし脅迫事件のせいでかなりのイベントが潰れているみたいなので、難しいですかね……。

とりあえず、高尾さんください。
スポンサーサイト
Home |  Category:雑記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

あずさ

Author:あずさ
武器:シャーペン、ノート、パソコン、ポメラ
レベル:29
二つ名:囁(アビス)
あだ名:エゴイスティックスケコマシ
四字熟語:好色生活
(※二つ名メーカー、脳内メーカー等による結果)
アイコン:朧夜緋雨さまから

最新記事
カテゴリ
呟き、囁き、ぼやきに寝言
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード