ボカロでイメソン

自分のMP3プレイヤーに入っているボカロ曲を、流れてきた順で、ムリヤリ創作キャラに当てはめてみようぜー


というのを、ここしばらくツイッターの方で勝手にやってました。
そのメモをこちらにも残しておきます。

ちなみに

●かなりムリヤリ
●半ばテキトー
●倭鏡伝キャラ以外にも、霧生ヶ谷キャラや、黒猫キャラあり
ネタバレあり
性転換ネタあり(HCSだったり、鮎柳家だったり、なんか色々ごたごたと)
●脳内ネタあり
●かなり偏っている

という、非常にカオスでぐだぐだな感じだったりします。
というか当てはまりそうにないものもかなり無理やりひねり出したのですよ……フハハ……

というわけで追記にメモメモ。
作曲者さんたちに言わないでくださいねwww
あと、分量が気持ち悪いことになっているので、後でちょっと分けたり整理しますwww
このままじゃ絶対(自分が)読み返すのつらいwwww


(基本は呟きをそのまま抜粋です)

・SPICE!
 はエロいなぁ。だけどうちの子に合うのいないなぁ……葉兄にしては逆に子供っぽいし……春樹や大樹がこんな子に育ったらオレは泣くぜ(´▽`)奏一が成長したら……イヤイヤ……ハハハ

というぼんやりとした自分の呟きからふいに始まりまして……

・ココロ。……あえて当てはめるならルナかなぁ……ヒトじゃないという点で。大樹に会う前と会った後の変化、みたいな。
・ダブルラリアット。……春樹?自分に自信が持てなくて、卑屈で、でも頑張らなきゃって気張ってる感じが……言えなくもない、ような
・ggrkswwww分かった隼人と大樹でどうだ! 隼「何で大樹クンはオレにはやたらとツンツンなんだい!」大「楽天でググレカス」www
・magnet。…ギャー。女の子がいないのに百合曲は無理ゲーだった。あ、霧生ヶ谷も入れていいなら杏里とほのかとか……!……無理だろ(^p^)爽真が泣くわw
・ロミオとシンデレラ。春花とセーガ……ならいけるか……?\(^o^)/春花ちゃんが吹っ切れたようです
・愛情狂現。…こういう系は野田さん行けよもう(^p^) 野田「まぁ、なんだ、そうやって俺に毒吐くのも俺が好きだからなんだろ?」春樹「勘違い乙」
・悪の娘。…うちの双子は真央と礼央、かな。真央ちゃんはいい子やで、はた迷惑だけど。ちなみに礼央君は毒舌。でも双子の姉が何より大切で、どんなに姉が無茶をやらかしてもついていく。だって、今の自分がいるのは、姉さんのおかげだから。
・夕日坂。…うーん…樹ちゃんと航樹くんと言ってみたらさくちゃんに怒られるだろうか……マジで自分CPの引き出し少ないな(^p^)あれ、てかこれもしかして最後別れてる?←
・歌に形はないけれど。……みい、かな……。歌詞一つ一つ見ると違うだろうけど、全体的に……。出会ってくれてありがとう。笑顔をくれてありがとう。寂しくなくなったよ。楽しかったよ。ダイキ、あのね、ボクも好きだよ。大好きだよ。
・LEO。雰囲気は違えど、これも大樹とみいでいいかもなー。守りたかった、守れなかった、守られていた。もっと何かできたんじゃないか?自分がもっとしっかりしていれば、お前は、今も横で笑っていてくれた?
・桜ノ雨。不思議探検隊の卒業式とかかな…!ブワワ…!春樹たち中学生組でもしんみりする…!うわああ卒業式うわああ 隼「忘れないでくれよ!」蛍「高校一緒だけどな…」春「あはは、いつの間にか腐れ縁みたいになっちゃったね」でもさすがに大学はバラバラだろうな。
・いろは唄。真面目モードの岳大とかでもいいかもしれぬ。いや砂季姉もありか…!?でも砂季姉は問答無用で押し倒すタイプだから「犬のように従順に」とかいう柄じゃないなwww
・龍ノなく箱庭拠り(バナナイス)。バナナイスwww中学生組か日向兄弟が歌ったら笑うww
・WEBデザイン。はwwwるwwwきwwww全体的に頑張れ超頑張れwwwwwww
・恋のIT革命★ 岳大かな!明るく楽しく浮かれたように世界を塗り変えてくれそう。少なくとも彼の存在で紀美子は世界を一つ壊し、前に進むことができたのですぞ。
・お兄さんは心配性。葉兄!葉兄!wwwブラコン乙!あれだけブラコンなら春花や樹に対してもシスコンだろ! 葉「控えめな胸でもお前らならいいと思う」花「兄さんセクハラです」樹「揉むなぁああ」【
・恋スルVOC@LOID。そういえば日向兄弟でボカロパロ考えたことあったわ…!家事機能搭載の春樹型と感情機能搭載の大樹型。春樹の方が初心者向け、大樹の方は歌に特化したけどその分機能が複雑で少し扱いにくい。その代わり使いこなせれば化ける可能性大みたいな。
・あの双子が円周率1000桁に挑戦。まwじwかwんwべwんwwグレイ君がそこそこすらすら言えて、横であうあうする樹を受信するくらいが限度です(しろめ)
・ハロウィンモンスター。歌詞があまり聞き取れない← でも雰囲気的に鮎柳家でいいんじゃねwwwww軽く敵に回したときみたいなさwww
・ハイブリット。王道?で春樹&大樹かなー。真逆で、あべこべで、だけどなんやかんや一緒にいるのがピッタリなのさね。
・カンタレラ。砂季姉と三谷先生。先生となら、怖くないよ。逃がさないよ。その先に何があろうとも。――私をなめないでね?
・二息歩行。奏一……かな。助けてほしかったのかもしれない。自分じゃ気づかなかったけれど。傷つけてごめん。受け入れてくれてありがとう。大樹も、雪斗も。オレの、トモダチ。
・ごみばこ。瀬名。誰も知らないところで実は苦しんでいたかもしれない彼。葉、君の名前を呼べば気づいてくれる?――だけど呼ばない。彼は葉にだけは、気づいてほしくなかったから。きっと卑怯で、弱くて、でも曲がらなかった、優しくて頑固な彼。
・サルベージ。ごみばこと対なことを考えると葉かな…?でも雰囲気違うかも…?この先の大樹に対する春樹でもいけそうな。力強い曲調だからルナに対する大樹とかでも……ああ決まらないw色々膨らみまする。
・ハト。話には出てこないであろう創造主さんでいいかなw倭鏡を創ったヒト。追いやられた末ではあるけれど、どうかそこには、溢れんばかりの幸せと平和がありますように。言霊にあらんかぎりの祝福と祈りを捧げましょう。
・ピロリ菌。奏一でいこうかw 奏「オレ、かわいいからね」雪「ただの猫被りのくせに~」奏「大樹、雪斗がいじめるよぅ」雪「あ、こらー!?」
・よっこらせっ(笑)。転校しちゃう杏里に対する日向兄弟とか……むむ。春「落ち着いたら遊びに行くよ」杏「うん、待ってる!いつか実験させてね!」春大「「やだよ」」
・ダンシング☆サムライ。誰のイメージ、というより、隼人が蛍に歌ってもらいたがりそう。隼「さあ蛍クン!」蛍「何でだよ…」隼「歌わないと侍ボーイとしての名がすたるじゃないか!」蛍「俺は一度も認めてないからな…?」隼「へぁ!」蛍(うぜぇ…)
・君と僕。恋愛じゃなくて友情と捉えるならユキちゃんと大樹でいけるかも。君のおかげで僕は今も笑っていられる。手を差し延べてくれてありがとう。恋愛だと…うーん…葉兄と真海ちゃん…?いや二人にしては若々しすぎて恥ずかしいわwwいやいや二人とも若いんだけどさ。
・トルコ行進曲―オワタ\(^o^)/。高橋秀一。まさかの黒猫さんから引っ張ってきました誰も知らないだろうよ。アホでナンパ大好きな中学生男子です。でも某会社の社長の息子っていう。秀一「蒼泉ー!ナンパ行こうぜ!」蒼泉「帰れ」
・ピンクスパイダー。うぅ、やっぱりルナと大樹が出てきてしまう。真っ暗な場所から引っ張り出してくれた太陽。新しい世界を見せてくれた、私の太陽。そこは明るくて、眩しくて、広くて……ああ、なんて素敵な場所なのでしょう。
・へなちょこナイト。三谷先生。彼は砂季姉にひたすら振り回されるヘタレだと思う。……あー、ユキちゃんと大樹でもいけそう。君が何をやっても、君のためなら、ついていくよ。僕はただのナイト。……無茶をやって相手を振り回すのは母方の血筋か!
・ぴんぽんだっしゅ! 恋愛スイッチ入った樹ちゃん?いっぱいいっぱいで頑張ろうとするんだけど、なんか空回っちゃう感じが。でもでも止まらない。止められない。だってこの気持ちに気づいちゃったんだから!
・マジカル☆ぬこレンレン。 魔法少女大樹の一択(`・ω・´)bいや、あの、雰囲気がね。 舞「かわいいから問題ないわ!」大「うるせー!お前戻せよマジで!」舞「あたいが楽しいからいいのよ!」大「ああああ」舞「さあセーラー服に変身よ!」大「ちくしょー!」
・メルト。ご近所さんシリーズのカナエさんかな。無自覚バイな方だけど^q^でも今はコースケとラブラブリア充なう。 カナエ「春樹くんたちと浮気しちゃ、やだよ?」コースケ「だからあいつらは男だっつうの……しねぇよバカ。俺は、その、お前が……好き、なんだし」春樹「リア充爆発しろ」
・サルでもわかる。春樹と大樹の両面からいけそうな。比較的何でもできるはずなのに自虐的で大樹を羨む春樹。何でもできて信頼されている兄なのに、それに自分で気づいていなことがもどかしい大樹。まあ、本来の歌詞の意味とは結構変わってしまうけれど。
・Cyclone。葉兄と真海ちゃん。砂季姉と三谷先生。うっは考えたらちょっとたぎってきました← この曲明るめというか勢いある曲調だけど、ちょいちょいアダルトっていうかエロス入ってね?その奥の奥を感じたい 感じたい。
・R☆L滑舌探求歌。大樹と樹でやってほしいなこれwww多分他にノリノリでやってくれる人を探すのは難しそうだ。この2人だからこそいけそうな。 樹「でもこれがあるからダイジョーブ!――愛があるから!」大「そう!」www
・箱庭の少女。どこまでも閉鎖的で盲目的な。ただあなただけを望む。あなたがそう望むなら。私がそう望むから。…うちの子には居ないかも…?大樹らに会う前のシロ……は無理矢理ですが。うーん。あなたたちの帰りを待って、ただそれだけを求めて、気づけば、わたしはアヤカシになっていたのだ。
・ソライロ! あああ好きな曲なのに!当てはめられん!嫌い合ってる兄弟とか全然いない…!みんなブラコンシスコン…!兄弟とかそういう枠組みを全部取っ払ってもないなぁ…。あえて言うなら雪斗と奏一…?バチバチやって憎まれ口をよく叩くけど、何やかんやでお互い信頼してる辺りが。
・ミラクルペイント。椿ちゃん。軽やかに踊ってくれそうな辺りが。女の子勢ぞろいで踊ってくれても可愛いと思う。や、女の子キャラ少ないけどwあ、でも霧生ヶ谷組も含めたら結構いるんじゃね?
・ペテン師が笑う頃に。ダーク系は厳しいんだよな……曲は好きなのですが!うーん、野田さん…?あの人クレイジーだからな。黒猫シリーズはダーク面を入れてもいいかもしれな…い?もしくは前ぼそっと呟いたアクマシリーズのウィル…。うむ、ウィルが一番しっくりくるかも。
・IMITATION BLACK。中学生組か葉空真海の年長組。素直にいくなら後者かな。ネタで中学生組に歌ってほしい気もするけれど。隼「蛍クンは侍でがくぽだね!」蛍「え…」春「それ絶対僕に女形やらせようっていう魂胆だよね!?やだよ!?待って何そのドレス!」
・炉心融解。日本に来る前の隼人。全て投げ出してもいい気がして、だけど、諦めるのも嫌で。そんなギリギリの状態になった結果、彼は過去を切り捨てて新しくやり直すために日本にやって来た。
・vanished。うぐぐ……演劇部に入る前の紀美子さん。もしくは霊感少女の七海ちゃん。ん~…。なくした言葉。なくした気持ち。あなたは知ってるの?――私はそれを、きっと今も探している。
・ぜんまい仕掛けの子守唄。…椿ちゃん…?お母さんに思いを馳せているとき、みたいな……ううううん。るりらるりら この子守唄。あなたの心癒せるかな? まあここまでダーク的な雰囲気じゃないんですけども!ええ無理矢理ですはい。
・下剋上。春樹と大樹で葉兄に下剋上!して!やんよ!いつもいつもいじめられてばかりだと思うなよ?(負けフラグ) 葉「つまり?若が春樹で?お嬢がチビ樹と?」大「待てぇえええ!?」
・囚人。「黒猫」から朔夜さんと元カノさん……?会いたい。会いたい。決して望んだ別れではなかったから。難しいことなんてもう、分からなくなってしまったけれど。 …いや朔夜さんも元カノさんも死んでないけどさ!
・きらめきドリーマー。日向兄弟!日向兄弟!未完成の地図を広げ、進んでいこう?どこまでも果てしなく続く未来へと。立ち止まっているなんてもったいない!そこに何があるのかなんて分からないけれど。だけど何かが、確かに待っているんだから!
・よつばのクローバー。歌詞云々というより、このゆったり、のんびりした感じは梢パパかユキちゃんでいいんじゃないかなー(´▽`)どんなにつらくても、そっと、のんびりと、確かにいて支えてくれる。そんな安心感がこの2人にはあると思うのです。
・mirror。大樹と“力”。“力”はそんなに素直な性格じゃないというか、捻くれているけれどw人ですらないけれどw 気づかなかったけれど、君はいつだってそこにいて、そして助けてくれていたんだ。いつだって、どこでだって、一緒だったんだ。それはこれからも。
・冬の虫。蛍。…いや“蛍”は夏の虫だけどw低音ボイスと静かながらもカッコイイ雰囲気がそんな感じ。彼に淡々と歌ってほしいなカッコ良さそう。
・ジェミニ。春樹大樹。双子じゃないけど年子だし、何かと裏表だし。それでも、いやだからこそ、相手が沈んだら誰よりも近くにいて引っ張り上げようとする二人。泣かないで、不安がらないで、大丈夫。ダイジョーブ。僕は、オレは、傍にいてやるから。
・御?津祭。漢字変換できぬ……みたしゃんせ。みたしゃんせ。葉兄と空兄。もしくは蛍と隼人。カッコイイ曲をカッコ良くキメてくれるのはこの辺じゃないかな、というただそれだけの理由で。
・ライムライト。椿ちゃんと大樹。明るめで力強い感じが二人に共通しているかなと。なんか二人で歌ってたら可愛いと思う。キラキラと輝く、ステージの上で。さあ踊りましょうか?
・息吹。セーガ。……何でと言われてもちょっと困る曲。歌詞があってないようなものだし、曲的にも人間じゃない神秘で荘厳な……イメージ?
・HAKOBAKO PLAYER。春樹とか瀬名とか。その箱をぶち破るのが大樹や葉兄だと考えるとむねあつ。多くの人に合わせて生きて、流されて、だけど。外の世界は、まだまだ溢れているのです。…紀美子さんと岳大でもいけるかもなぁ…岳大は色々とぶち破ってくれる。
・リンレンラリリン。ミクの立ち位置が、やんちゃな妹らを呆れながらもしっかり見守る岩名部長。妹らは中学生だったかな…。妹らだけじゃなくて演劇部員もみんな手のかかる弟妹のように思っている。お兄ちゃん…というか兄貴属性である。
・Fire◎Flower。春樹×女の子(名前未定)でさ…あの…青春…しちゃえばいいんじゃないの…!中2設定の!ちょっと男勝りな子であいつ奪われるっていうか出会いの印象は最悪なんだけど色々あっry 一応彼の恋愛話も考えようとしたことはあるんですハイ。
・置き去り月夜抄。ルナとギャラ。獣人ゆえに親ですら食べずにはいられなかった彼ら。互いに信頼なんてないけれど、あんたのことは、お前のことは、嫌いじゃない。世界から隔離され置き去りにされた中で、今日も、私たちは確かに生きていた。
・リグレットメッセージ。大樹からみいへ。もしくは、葉兄から瀬名へ。もしも、もしもまた会えるのなら。生まれ変わったのなら。今度こそ、もっとたくさん話そう、遊ぼう。守れなかった約束を守ろう。もう今はいない君へ。
・ジュブナイル。コウスケとカナエさんの付き合いたての時……とかかな……。あなたが好きだって言ってくれるのはとっても分かるし嬉しいの。だけど恋ってよく分からない。それを、あなたが教えてくれるの?――結果、リア充になった二人であります。
・リンリンシグナル。これなら樹でいける!なんか彼女が抱くのは、明るくて無邪気でほわほわ、ソワソワした恋心だと思うのですよ。こんな気持ちは初めてなの。ねえ、その腕でぎゅっとして。この溢れそうな気持ちごと!
・卑怯戦隊うろたんだー。演劇部フルメンバー!人外魔境で奪い取れ勝ち取れ!暴れまわれ!色々とひと悶着あった生徒会とバトる話を書きたかった。 「騙したな!」「やだな、俺たちを何部だと思っているんですか。――演劇部、ですよ?」
・夢みることり。「黒猫」シリーズより深紅と紗雪。あなたと出会えたから、今の私がいる。痛みも悲しみも苦しみも分け合ったあなた。あなたがいないのなら、今の私に用はない。――いつまでも一緒だよ。あなたとなら、どこまでも。
・erase or zero。誰、というより……こう、倭鏡伝のEDとか挿入歌とか!OPが弾けていたらEDがしっとりするような、そんな感じ。こんなぼくらは、いつもどうして、交わす言葉に、つまづき。だけど、それでも、だからこそ。そうやって、一歩一歩、歩いていこうじゃないか。
・FortuneDiver。王道で、春樹と大樹。二人共後半で覚醒するよ!多分。 勇気を持って。力を得て。真実から、立ち上がって、動き出して。――キミだけの答えを、見つけ出せ。
・右肩の蝶。背伸びをした、春花。というかセガ春の春花……かな。あなたの存在で切ないという感情を知りました。この寂しさを、私の存在を、埋めて、受け止めてくれるのは――。ああ、不協和音が止まらない。
・-LOST-。渡威側のテーマだと考えてみると少し面白いかも。私が。意思があるという彼らは、一体何を思い、何を求め、そして。
・サイレン。春樹。いや、奏一でもいいかな……。本音をあまり表に出さない彼らだけど、ただそれで満足していたわけじゃなくて。多分、彼らなりに走って、求めて、ぶつかっているのです。奏一は今はだいぶはっちゃけているけれどw
・頑張ろうよ。春樹。すぐネガティブになる子。卑屈で、自虐で。でも、頑張って、踏ん張って、食いしばって。弱いところを見せないように、しっかりお兄ちゃんとして頑張れるように。いつだって彼はそんなところで戦っている。
・少年ジェット。大樹。子供?大人?今が大事で今が楽しくて。だから今が大切で。だから、ほら、思い切り遊ぼう!
・crystal mic。葉兄と瀬名。大好きな星空を届けてくれたキミ。今すぐに、とは言えないけれど。忘れないで、いつかは必ず追いつくから。そのときには――ありったけの空を、また、眺めようじゃないか。
・悩んでいた「ソライロ!」が、大樹と渚でもいけるかも。大樹にとって渚は春樹をさらった悪い奴。渚にとって大樹は倒さなきゃならない邪魔で悪い奴。そんな印象最悪の二人だけど、今後、実は協力&ちょっぴり和解する。 春「二人って意外と息合うかもね」「「はあ!?どこが!?」」春「ほら」
・Re_birthday。アクマシリーズのウィル。カミから追放という名の機会をもらうまで、ただただカミを、ヒトを、自分を憎んでいた少年。忘れられることを恐れ、孤独と戦っていた少年。「オレはウィル。……アクマ、だよ」
・イケ恋歌。隼人。ノリノリで歌ってくれるに違いねぇ…!しかも上手いに違いねぇ…!目指せイケメン紳士を目指している彼。明るくてふざけた面ばかりが強調されるけれど、影できちんと努力しているし、人のこともきちんと見ている。KYじゃないんだよAKYなんだよこいつ。
・イダルゴ。海賊の漣さんならいけるかな?お頭。25歳くらいの若さなのに倭鏡の海賊を束ねる渋くて落ち着いた方。夢と野望を抱えて、その身一つで海に飛び出した。この曲は決して海じゃないというかむしろ草原っぽいけど、馬の嘶きと共に駆けている感じが……海原を駆け抜けろ、みたいな。
・ココロ・キセキ。ココロがルナだったから、やっぱり対で大樹じゃないかな!教えてあげたかったんだ、この明るい世界を。楽しいこと、嬉しいこと、キラキラしたこと。悲しいことも痛いこともあるけれど、もっと素敵なこともあるのだと傍で教えてあげたかった。
・ヤンデ恋歌。王道でいくと奏一かな。猫かぶりが得意な彼だから、幾多もの友情をぶち壊してきた彼だから、覚悟を決めれば容赦なく周りを切り捨てていく。だけどそれは彼自身が望んでいることではなくて、それなのに止まらない。ああヤンデ止んで止めてタスケテ。
・サンドスクレイパー -砂漠の特急線-。抽象的に考えて、やっぱり日向兄弟にあてたい。はしって、はしって、この手に掴め!彼らの前には色んな壁があるだろうけど、罠だって穴だってあるだろうけど、そんなもん全部ぶち壊して突き進め!
・ツンデ恋歌。倭鏡なら渚、霧生ヶ谷ならまさにツンデレ美少年翼くん。翼は典型的なテンプレ言っちゃうような子です。「べ、別にお前のためじゃないんだからな!仕方なくだ仕方なく!」「そうなのですかぞ…」「あっ、だからって嫌ってわけでもないんだからな!?」「……」
・ドライブ!Drive Me Flat。DQN歌ですね分かります。いたずらとか悪さをするような感じでイメージ変換を施せば、大樹と葉兄や、大樹と隼人や、大樹ともっちーや…おい大樹。そんな彼らの暴走をハリセンで止めるのが春樹です。オレとお前でやらないか?(笑)
・パラジクロロベンゼン。思春期時代(?)の葉兄かな。日本に愛想を尽かすようにして倭鏡に逃げ込み、そして今は王として君臨している彼。“力”を嫌い、ただ今を見ようとして、何ができるのか結局今も分からない。それでも彼は自分の道と決断を信じて進む。
・ヘタ恋歌。渚。ヘタレ代表……なんだと思う。口で色々言いながらも春樹や大樹にはなんやかんや勝てないしファザコンだし。渚「お前だけは敵に回したくねぇ……いやマジで」春「回さなきゃいいのに」渚「黙れ!嫌いだお前らなんか!」
・マセ恋歌。隼人や奏一。彼らの本気。倭鏡伝では珍しく作者公認の(見た目が)美少年と可愛い子だから余計にタチ悪いという。――ねぇ、だから教えてよ。聞かせてよ。キミの、いいところ。たっぷりと愛してあげるから。
・もう嫌だ! ぶち切れ春樹ですね分かります。周りよりも自分を過小評価して、周りに気を遣ってしまう彼。6話のように、溜め込んで溜め込んで、たとえそれを爆発させてもやっぱりすぐに引っ込めてしまうけれど。――願わくば、彼のそんな衝動をも全て包んでくれる人に、恵まれますように。
・悪ノ召使。以前言ったように双子は真央と礼央。だけど別に考えるなら、きっと過去の主人とセーガでも、あったんじゃないかな。長い長い人生でそういう主人がいたことはあったんじゃないかな。それでもセーガは従順に従う。主人が彼の全てで、生きる理由だから。
・雨を連れゆく。もっちー。寿命らしい寿命がない中で、ヒトを知り、興味を持ち、共に歩みたいと思った。日向兄弟に接触して、今度は名前と居場所をもらった。だけど、あえてそこから逸れた。自身の望みのために。共に歩んだ道は間違いじゃなかった?共に違えた道も間違いじゃなかった?
・月花ノ姫歌(泰野P)。セーガ。永い永い時の中、何度も主人との別れを繰り返す彼。主人の寿命と共に別れ、また、新たな主人との出会いが始まる。全て、全てが大切な人たち。だけど使命をこなすため、そこに感情を封じ、ただただ共に生きる。めぐるひととせ、またすぎるひととせ、あぁ。
・雲の遺跡。荘厳なイメージが“力”たちのテーマでもいいかもと。本来、“力”に人格はないのだけれど。大樹の“力”のせいで色々と妄想は広がるのです。力「カカカッ。その小さな身体で我を受け入れようという心意気は評価する」大「Σオレは小さくねぇ!」力「カカカッ」
・君恋ふる歌。ちょっとした歌詞の一つ一つが瀬名。葉や弟に向けて。いやあの、本来は恋愛ソングだけどそこは無視してねうんムシャア。風の音遠く、僕の声を乗せて、いつもこの歌が君に届くように。星煌く夜空の下でこの想いを届けよう。僕ら、また――会える日まで。
・僕は灰猫。低音ボイスで、暗くもなく明るくもなく、知的に漂う大人な雰囲気が三浦弘明先輩。学年トップの超優等生。デフォで眼鏡と敬語、かつ女性の胸を愛してやまない。「俺は巨乳に限らずどんな胸もしっかり享受してみせます。女性の胸は全てにおいて素晴らしいのですから当然でしょう」
・僕に罰を 君に光を。春樹らのひいおばーちゃんと、その恋相手の王様でいいかも。鏡を境に、恋に落ちた僕ら。どうしようもなく大きかった世界という壁。だけどあんなに泣き虫だった君が、一人で、そちらで生きると決めたから。僕はただ君の背中を押すしかなかった。君と繋いだ手が恋しい。
・Just Be Friends。爽香と涼成君かな。涼成君は私のキャラじゃないけれど。どちらも淡々としていて、だからこそお互いのことが分かって、一緒にいることが苦痛じゃなかった。きっと、それは好きだったのでしょう。だけど、どうしようもないほどに、選ぶ道は違ったんだ。
・愚足武者。海賊さんら。夢の、野望のために、進撃をためらうな、悔やまないように。振り返らずひたすら前を見据え、無謀など立ち止まる理由にならない。百も承知の弱ささらけ出して、走れ、完全無欠の愚か者。俺らは俺らの道を行く!
・おてんば姫の歌♪。本編設定をそのまま逆転した感じの樹ちゃんwww生まれながら背負ってしまった「お姫様」と言う名前のあしかせ。試したいの、私の力でどこまで出来るのかを。こんなところでじっとなんてしてられないよ!さあ新しい自分を見つけに飛び出そう!
・サイハテ。大樹からみいへ。向こうはどんなところだろう?君がいなくなったというのに、こんなにも空は眩しくて。鮮やかで。だけど――だから――忘れない。君は、ここにいる。
・なんだかとっても!いいかんじ。凸凹コンビに歌ってほしい。二人の会話を聞いていると気が抜ける、という声をいただいたこともありますし(笑)。ものかげからきゅうにとびだしてひとをおどろかせるときにはっするこえはー♪
・ぽっぴっぽー。理不尽に明るくはた迷惑に押し付けてくるのが梨奈っぽい。しかも腐オタの彼女はニコ動見てるだろうし歌って踊ってくれると思う。梨奈「さあ飲めお前好きだろ野菜ジュース」岳大「何!?その動き何!?梨奈ちゃんまた何かにハマったでしょ!」
・紙飛行機。「追憶の守」から竹本あかり。救いがない中で、彼女は自らの終わりを予感していたのでしょう。だけどそれは今ではなかったはずだった。それにも関わらず唐突に不本意に理不尽に訪れた終わり。――生きて、あなたの元気な姿を、声を、もっと……会いたい。会いたい。
・巡姫舞踊曲。葉兄の性転換で万葉(かずは)姉ができたのでそれで。愛しの妹たちには頼まれても見せない顔だろうな。ドS発揮。気安く寄るな!下劣な豚め!ひざまづくのがお似合いよ!
・ルカルカ★ナイトフィーバー。演劇部女子に…いやむしろ全員に躍ってほしい← 梨奈辺りは完璧にこなしてくれるんだろうな。岳大もなんやかんやノリノリだろうな。もしくは静雄さん。とってもキレイで巨乳のオカマさんです← 「目を逸らさないで。だって、運命の人かもしれないでしょう?」
・ワールドイズマイン。砂季姉。わたしは、あなたの大切な大切なお姫様。黙ってただ守ってもらうだなんて真っ平だけど。だけど最後に助けてくれるのは、いつだってあなたでしょ?ワガママでも何でもいいわ。逃がさないから、覚悟しててよね!
・恋は戦争。これも砂季姉でいけるかな。悩んで言えなかったとき。どうしていいか分からなかった。世界がにじんで、何も分からなくなって、ああ。――だけど、「大好き」、その気持ちを捨てることなんてできやしない。いいわ、戦ってやろうじゃない!
・Return to zero。中二病心がくすぐられる、アニメ主題歌のような曲。隼人かな。ふいに昔を思い出す彼だけど、それに負けるほど弱くない。果てしなく続く戦いに疲れ、錆び付いた剣を屍に突き刺した。――だけどその先を信じて足は止めない。いつだって明日は来るさ。
・ブラック★ロックシューター。椿や蛍や隼人や奏一や……あれ皆?大なり小なり、何かしら悩んで、つまずいていた彼ら。だけど諦めていたわけじゃなくて、ただどうすればいいか分からなかっただけ。一人じゃないよ。声を上げて泣いたって構わない。今から始まる僕たちの物語。
・教えて!!魔法のLyric。男の娘・薫さん。恥ずかしがり屋さんで乙女で、そこらの女の子よりも可愛らしい女の子。こんなボクだけどどうか歌わせて。キラメク魔法をかけてあげましょう。
・No Thank You。奏一。奴はこんなに荒々しいDQNではないけれどww猫かぶりを取ればなかなかに毒舌で喧嘩腰。しかも自分本位という困ったちゃん。……ある意味大人しく猫被ったままの方がいいんじゃ……← 返品されるのはお前の方だ!覚悟しとけよこの野郎!
・貴方に花を私に唄を。あえての百合ママなんてどうだろう。いつになっても乙女な彼女。ぶっ飛んだ度胸で異世界の王の元に飛び込んだ彼女は、ただただ強い想いで恋を愛に変えてみせた。名前なんていらない。あなたが呼んでくれないなら。だから呼んで、求めて、私の大切な人。
・忘却心中。蛍。カッコイイテンポとノリが……たぎる。両親が本当は大好きなのに、離婚して父と離れてしまった彼。だけどただそれを受け入れるだけの自分はやめた。後悔しないように。覚えてます、覚えてます、あなたの手の温もりを。
・番凩。雰囲気を変えた日向兄弟。葉兄寄り。異色と思われそうですが私の中ではありなのです。ちょっと和風っぽいところもしんみり倭鏡モードで。 すでに、そしていずれ世界を統べる者たち。信ずる道をただひたすらに歩むお前の支えとならん。生きとし生ける者たちの追い風に、なろう。
・空飛ぶウサギの歌。空兄。……でもいいな、と、今思った。跳躍力=ウサギという単純思考もですが、今はバカ明るい彼だって、きっと色々悩んだりしたと思うわけです。明るくカラカラと笑ってくれる彼の、揺ぎない強さ。無限の彼方へ、飛び跳ねていくよ。
・ローリンガール。椿。母に会いたくて会いたくて仕方なかった彼女。それが嘘だと、夢だと分かっていても止まらなかった。もう一回、もう一回。私は今日も転がります。 諦めない、という意味なら樹辺りでもいけそうかな。失敗、惨敗、それでも回ろう、負けられはしないのだから。
・初めての恋が終わる時。春樹たちのひいおばあちゃん。私は私の世界で生きると決めた。前から決めていた事だから、これでいいの。振り向かないから。あのね――。 もしくは、相手を優先して自分の気持ちを表に出せない春花。どうしてもいえなかった。この気持ち、押さえつけた。
・初音ミクの消失-DEAD END-。怒られそうだけど東雲じーちゃんと言ってみる。死にそうになって、セーガと引き剥がされたおじいちゃん。その間際。最期に伝えたかった、アリガトウと。ちなみに春樹たちのひいひいじいちゃん。生きてます← 葉「よう現役ミイラ」東雲「小僧が生意気な」
・初音ミクの暴走(LONG ver.)。隼人。電波でカオスでシュールでキュートで(?)アホっぽくて弾けてて、そんな感じが彼かな。チープな言葉を並べまくっては無意味な感情の連鎖。たとえそれが未知の世界、カオスの楽園だとしても。隼人「かわいさふりまくスキルをおぼえた!」春「」
・裏表ラバーズ。静雄。オカマさん。上も下もついてryげふんごふん。バーでしっとりしているのがいつもだけど、貪欲に情熱的に運命の相手を探している彼。今宵も彼は獲物<<運命の相手>>を願う。狙う。ただ本能的に触れちゃって。挑発的に誘っちゃって。もーラブラブでいっちゃってよ!
・え?あぁ、そう。むしろこれも静雄でいいんじゃないかな。私をキレイと言ってくれるアタナを赤い糸で絡めとるの。アナタが運命の人だというのなら――逃げるなんて許さないわ。だから、ねえ、ほら。「シズって、呼んで」
・サンドリヨン。セーガ×春花。お互い気になるはずなのに、好きな、大切なはずなのに、色々な立場や葛藤で分からなくなってしまった二人。だけどきっと離れることなどできやしない。ドレス膝で裂いて、ティアラは投げ捨てて、見つめ合う瞳と瞳が火花を放つ。時よ止まれ、今だけは。
・ディスコティック★ラヴ。中学生辺りの、爽真→杏里。奴にこういうノリは合わないかもしれませんが……ただ彼の恋心は昔から変わらない。むしろどんどん増していくのかな?友達だって分かってる。それでも高鳴るハートビート、エンドレスにキミを眺める。諦めないよ、キミが振り向くまで。
・もっと伸びろ僕の動画。コウスケ。色々と切ないというか情けないというか可哀相というか。(俺の威厳)もっと伸びろ。(俺への優しさ)もっと伸びろ。 春樹「いえいえ(笑)僕はコウスケさんのこときちんと好きですよ(笑)」コウスケ「お前が一番可愛くないしえげつないんだよ!」
・悪食娘コンチータ。獣人を作り出した男性(マニアック)。平和に飽きて、毒されて、潰されてしまった彼。ああ、吐き気がする。こんな平和<<地獄>>は潰してしまおう。さあ、喰らい尽くしてしまえ――私の可愛い化け物たち。
・悪食娘コンチータ、ギャグverで梨奈もありだと。「雑食の腐女子をなめてもらっちゃ困りますよ!薔薇百合ロリショタにょた擬人化女装無機物何でも持ってきなさいな!全て美味しく平らげます原作者さまごちそうさまです愛してる!」
・何となく言ってみたい言葉。春樹と大樹でいこうか。意味も普通に理解していてスラスラ言えちゃう春樹と、噛み噛みだし意味も全然理解していない大樹。でもテンションは上がる。歌詞的には大樹だけでいいんですけどねw 大「あだっきゅーってなんかカッコ良くね!?」春「え、ああ、うん……」
・虚空戦士マジスパイダー。葉兄と空兄。多分何も知らないで空兄は虚空を食わされたんだと思います。葉「ラッシーうめぇ。あ、お前にもっと辛味足してやるよ」空「やめwwおまww馬鹿野郎www春樹たちと黙ってカレー食いに行ったこと根に持ってんだろ!?このブラコン!」葉「あ゛?」
・結ンデ開イテ羅刹ト骸。奏一。友情なんて、友達なんて信じられなくなった彼。信じるくらいなら自ら壊してみせましょう。それを楽しみとしてしまいましょう。結局皆、他人事。他人の不幸は知らんぷり。終わらない遊びを、始めようか。
・ワールズエンド・ダンスホール。創造主さん。倭鏡を創ったその人は、決して暗い気持ちだけではなくて。1つの世界の終わりに、新たな世界を始めようとしたのでしょう。ホップ・ステップで踊ろうか。世界の隅っこでワン・ツー。ちょっとクラッとしそうになる終末感を楽しんで。
・陰陽。春樹大樹。真逆で、だけど根本ではとても似ている二人。どちらも未熟で、不確かで、二人でようやく一つになれるかどうか。時に反発し、時に補い合い、そんな二人……かな。伝わるか、通じるか、背中越しに投げつけることもボクらできないまま。
・それが僕らのジャスティス。大樹・葉兄。希望や理想を信じて疑わない大樹と、どこまでも現実が見えてしまう葉兄。だけどそれぞれの信念はきっとどちらも、どこまでも強靭で、それぞれのために強くなろうとするのです。力なき正義は確かに無力だけれど、埃なき力に意味はあるのだろうか?
・*ハロー、プラネット。歪んだ…というかねじ曲げた解釈になるけれど、大樹。力のせいでヒトリボッチに押しやられそうになって、だけど、自分とその力のおかげで振り切れた彼。チキュウぼっこのラブにオハヨーハヨー。あいたかったのキミに、オハヨーハヨー。
・落葉とワルツを。春花。ゆったりした心地が素敵な曲。穏やかで、だけどどこまでもひたむきに熱く一人への愛を歌う。あなたのためだけに。左手の温もり、あなたの体温が伝わる瞬間、幸せだった。
・アンチクロロベンゼン。6話で、もしも春樹があのままダークサイドに落ちたら。苦しくて、悲しくて、悔しくて、やめたくて、それすらも許されずなにもかも失うだけで。ボクはそして気付く、所詮はなにも生み出さないと。ああ、どこまでも愚かな。
・イーガーvビリーバー。明るく可愛い……ヤンデレ歌。砂季姉かなぁ。あたしがこんな想うのにそんなに急いでどこいくの?分かったわ鬼ごっこね。じわじわと追い詰めてあげるわ、私の大切なダーリン。
・紅一葉。しっとりと和風に百合ママ。揺るぎない、惜しみない愛情で家族を包んでくれるお母さん。夫の梢パパとはそれはもうラブラブです。普段はキャピキャピと若々しいママだけど、その愛の、想いの深さはどこまでも果てがなく。いつか話そう、出会えた喜び。強く儚く、世界を埋めて。
・clock lock works。渚……かな。父親を馬鹿正直に信じて、日向家に牙をむいた彼。だけど、どこかで迷いがあって、でもその迷いは許せなくて。だから彼は今日も自分を奮い立たせて父の駒となる。――パッパラ働く休む事なく、繰り返しの毎日。気がつけば迷子の猫の様。
・メランコリック。樹。真っ直ぐな彼女だから、恋だって日常だっていつも試行錯誤。全然つかめない君のこと、全然知らないうちにココロ奪われるなんてこと、あるはずないでしょ。全然知らない、知らないもん。だけど、ねえ……そんな笑顔を見せられたら眠れなくなるよ。
・十面相。奏一。自分を守るため、周りを壊すため、数多の顔を作ってきた彼。さあ、最後にみんなで笑いましょ。 もしくは短編でしか書いてないけど、二重人格キャラの伊織……。しかし彼はあまりキャラ練れてないんですよね。暴言罵倒ばかりのドS伊織(表)と優しい伊織クン(裏)っていう。
・ワンダーラスト。みい。君が笑ってくれるのなら、僕は消えてしまっても構わないから。終わらないウタを歌おう。ありがとう、ありがとう。
・トリノコシティ。唯夜さんが書いてくれたHCSの春花。自分だけどこか取り残された音の無い世界。造られた世界。色のない世界。夢に見た世界。私はどうしてここにいるの。
・心拍数#0822。イメージというか、春樹にはこんな愛を知ってほしいなぁ、という理想。優しくて、深くて、切なくて、ひたむきで。高鳴る鼓動が伝えてく、重なる音と流れる想いを。愛し続けると約束しよう、心拍が止まってしまうまで。
・火葬曲。黒猫さんシリーズのテーマ曲にいいかも。刹那に生きる彼ら。きらめいては消えてゆく、今際のことばの綴じ目。美しく響く音景はすべてカゲロウ?この世界の色を丸ごと盗んでしまいましょう。たとえそこに、意味がなくとも。
・闇色アリス。黒猫の女性陣イメージかな。どこかアニメ主題歌っぽい雰囲気。破天荒で常識破り、自由奔放に振る舞う彼女らの秘めた想いは。過去は。キズは。優しさなんて偽りでいい、夜が明けるその時まで嘘をつき通して。
・腐れ外道とチョコレゐト。奏一。明るい曲調で甘く苦い毒を流し込んできた彼。あることないことばっかの甘い甘いチョコを舐める、嗚呼。そんな自分も、カンタンに毒されるみんなも……なんか、嫌だね。
・弱虫モンブラン。春花。愛したのは誰だっけ?アレほどの時間が消えて、見えなくなった。本当だって良いと思えないの。“春樹”だった私は、どこへ行ってしまうというの?
・マリオネット。黒猫の女性陣。とってもバカなワタシなんだけど、どうぞ教えてください心の安らぐ日を、愛を知る喜びを。あとこの曲のようなエロさはないけど、感情がよく分からないという点で人形を連想させるのは神田奈緒。分からないだけで、きっと、知っていたのだけれど。
・GHOST。葉兄と瀬名でもいいのだけれど。アクマシリーズでもいいかなと。一度は死んだ身で、忘れられたら消えてしまうボクら。助けて、覚えていて、ねえ。「神様ドウカ」なんて嘆いても、ヒニクな運命の中。――だってボクらは、カミから見捨てられ、追放されたのだから。
・ロリ誘拐は野田さんが歌えばいいと思うよ。 春樹「ぴったりですね」野田「いや俺はショタでもry」春樹「通報しました」野田「……可愛くなくなっちまって……」春樹「通報しました」 二度言うほどに。
・廃都アトリエスタにて。樹。『廃都アトリエスタにて、永遠の愛を誓う』。そんな眉唾なおまじないへの好奇心と、キミとの楽しい時間。試してみるだけだって言うわりに本気な君の、そういうところがかわいいと思ったり思わなかったり。積み重なる想いを、ほら、呟こうか。
・おちゃめ機能。大樹。テンポ良くて、明るくて、ちょくちょく飛んでてカオスなところもある曲。夢からピピピ覚めないで覚めないで、ぬくもり逃げないでまだ朝はたっぷりあるから。あと5分いや10分待たせて。
・お断りします。限界突破・春樹。普段は巻き込まれ体質でついつい揉め事を解決しようとしてしまう春樹ですが、吹っ切れた彼に怖いものはないのでしょうね。わがまま陰口乗り過ごし、書き間違え腹痛怒鳴り声、お断りします、お断りします、断固。全部まとめてご遠慮します。
・トエト。ユキちゃんの妹、雪恵。大樹に密かに恋してる。もしくは黒猫の美冬、かなぁ。可愛いものが大好きだけど、恥ずかしがりやで、暴走しがちな彼女。素直になれない、勇気が足りなくてウソついてばっか、猫かぶり。でも、えっと、えっと、本当は……あなたのことが、好きです。
・ネトゲ廃人シュプレヒコール。梨奈。オタクな彼女は加えてゲーマーでもあるはず。原稿のない休日はPCにかじりついてるんじゃないかな。ネットゲーム世界は今日も隔離、哀れ、蔓延る効率厨、々。 梨奈「僕は遊びでやってるんじゃないんだよおおおおお」岳大「梨奈ちゃん、落ち着いて」
・驫麤~とりぷるばか~。…バカといえばやはり大樹…?トリプルなので隼人と樹も付けておこうか← バカバカバカ。やるべきことはすべてわすれちゃえ。うたう おどる えがく ことば おくりだす、あなたの色にしてあげる( ^ω^)おっおっおっおっ(^ω^ )
・罪と罰(DECO*27)。ウィル。もしも君に耳があったらこの歌を聴かせてあげられるのに。もしも君に心があったらこの好きで包んであげられるのに。君に愛されたい僕はいないから、どこにもいないよ、ねえ痛いよ。……居たいよ。だから苦しめてあげる、ゼンブゼンブ。
・闇のダンスサイト。獣人、かな。ルナ。深い夜の奥でわたし、あなた、きえる。震え、怯え、揺れる。この血が私とあなたを引き離すの?明けない夜が怖い、怖いの、どうして私はヒトではないの。滑稽に踊るのは、もう、コリゴリ……。
・スキキライ。相手はさておき、樹。リンの立場というかノリというか雰囲気というか。ぐらぐらゆらゆら、揺れる恋心。スキト キライ ワカンナイ。キライ、でも、スキ? 恋してみたいわふわふわと。ああ、やだな、染められそう!
スポンサーサイト
Home |  Category:メモやら小話やら |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

あずさ

Author:あずさ
武器:シャーペン、ノート、パソコン、ポメラ
レベル:29
二つ名:囁(アビス)
あだ名:エゴイスティックスケコマシ
四字熟語:好色生活
(※二つ名メーカー、脳内メーカー等による結果)
アイコン:朧夜緋雨さまから

最新記事
カテゴリ
呟き、囁き、ぼやきに寝言
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード