【鮎柳家】いつもと違う帰り道【家族パロ】

・ツイッター繋がりの擬似家族パロ
・鮎柳家
・詳細はこちら


以上が平気な方は追記から。
*****


 姉も忙しく双子のクリアもまた当番、帰り道が途中まで同じクラスメイトも大半が何らかの用で時間が合わない。
 そんなわけで珍しく一人きりな学校の帰り道。
 比較的太陽も落ち着いて目を刺すような光も穏やかになってきた時間帯とはいえ、やはり真夏ともなればじわりと汗がにじんでくる。
 「あー」と手で影を作るようにして空を見上げ、大樹はトボトボと歩き始めた。

 ――いつも元気だ、賑やかだ、うるさい、騒がしい、落ち着きがない等々と評される大樹といえども、やはり一人ではしゃぐには限界がある。
 そんなわけで比較的落ち着いた様子で――というのは本人の認識で、周りから見ればあっちこっち顔を向けたりとやはり落ち着きがなかったりする――ただ一人歩いていた。
 どうしても一人でいると顔自体は次第に俯きがちになる。
 影がまだ短いなーなどとどうでもいいことに気が取られ始めた大樹は、ふいに大きな影が自分を覆ったことに気づいた。

「ん?」
「――おや」
「あー! 恭一!」

 思いがけない人物への遭遇に思わず飛びつき、思い切り腕に力を込める。
 なかなかガタイのいい相手では腕を全て回すというのも難しく、どちらかといえばしがみつくに近い格好だ。

 長身でスキンヘッド、サングラス、こんな暑い日だというのに黒いスーツ、中は紫に染まったシャツといかにもな外見をした相手は――蓮見恭一。
 紛れもなくその「いかにも」の通り、町の中でも最大規模を誇る暴力団の者であった。

「ボンは今帰りですか?」
「おー! 恭一は? 遊びに来たのか?」

 小学生の通学路に遊びに来るはずもないのだが、どこか思考の抜けた大樹は何の悪びれもなくそんなことを聞いてしまう。
 それに小さく笑った蓮見はいまだにしがみついている大樹の頭に手をやり、「ちょっと野暮用ですよ」と緩く告げた。
 何の答えにもなってはいなかったが、大樹は「ふーん」とよく分かってない様子で呟き、ようやく腕を放す。

「てか、恭一は相変わらずってやつだなっ。オレには敬語じゃなくていーって言ってんのに」

 そもそもお前が敬語を使うべきだよ、と周りからツッコまれそうなことを平然と言ってのける大樹。
 しかしこうした大樹の態度も「相変わらず」で、蓮見はサングラスの奥で少しだけ、誰にも分からない程度に楽しげに目元を和ませた。

「はは、まぁ……癖みたいなもんですかね。姐御の弟さんですし」
「優乃姉がすごいのは分かるけどさ」

 鮎柳家の長女、優乃がこの町の極道者たちを従えているというのはあまり珍しくない噂だ。
 だからこそただの小学生でしかないはずの大樹に対し、大きな暴力団の長男でもある蓮見がこうも当たり前のように会話を成り立たせている。
 ハタから見るとずい分と複雑で怪しい光景であることは想像に難くなかった。

 だが、そんな地位や立場など関係なく大樹はこの蓮見という男が好きだった。
 時々子供扱いしてくるのはやめてほしいが、大樹がどんなことを言ってもきちんと受け止めてくれるし、それを決して馬鹿にしない。
 何より大樹の家族全員を大切にしてくれる。
 家族を大事にしてくれる者が悪い奴のわけがないのだ。少なくとも大樹はそう思っている。

「そうだ、ボン。近くに車を置いてますし、送っていきましょうか?」
「え? 恭一、なんか用あるんじゃねーの?」
「大体済ませましたし。せっかくなので姐御にも顔を出したいなと」
「ん、そーゆうことならオレも乗るー!」

 彼の邪魔をしたいわけではないが、邪魔でなく単なる親切であればそれは素直にありがたい。
 大樹はまだ気温の変化に強い方だと自負しているが、それでもこのじりじりとした暑さを全身に受け続けるのはなかなか骨の折れることだ。
 ふいに自分の頭に手を乗せてみれば、一心に光を浴びていた髪は思っていた以上の熱を持っている。
 うあっち、と思わず悲鳴じみた声を上げると、見ていた蓮見が肩を揺らした。

「今日は暑いですもんね。車に乗る前に近くの店でアイスでも買いましょうか」
「マジでっ? 食う食うっ、食いたいー!」

 嬉しい提案にバンザイし、それから勢いで彼の片腕に飛びつく。
 少しだけその行動に驚いたようだった蓮見だが、それでも無理に振りほどくこともなく小さく笑って歩き出す。
 そういうところもやっぱり大樹は気に入っているのだった。

「あのさ。優乃姉はもちろんすごいけど、やっぱ、恭一もすごいと思うんだよな!」
「ボンは嬉しいことを言ってくれる……」
「ぅええ何で泣きそう!?」
「いえ、ボンの優しさに涙が」
「うえええ!?」

 ――だって、本当にすごいと思うのだ。
 先ほどまでつまらなかった帰り道が、今では、こんなにも楽しくて仕方ないのだから。


いつもと違う帰り道


(あの、怪しい男が子供を連れて行こうとしていると通報があったのですが……お話を聞かせていただいても?)
(えっ……)


*****


・大樹が「ボン」と呼ばれているというツイートに反応して
・あとこの2人がキャッキャとしてたら職質されるよねという勝手な妄想を含めて
・蓮見さんのキャラがまだ把握しきれてないのにこんなの書いてごめんなさい^q^
・鮎柳家を大事にするやーさんたちマジかわいい
スポンサーサイト
Home |  Category:メモやら小話やら |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

あずさ

Author:あずさ
武器:シャーペン、ノート、パソコン、ポメラ
レベル:29
二つ名:囁(アビス)
あだ名:エゴイスティックスケコマシ
四字熟語:好色生活
(※二つ名メーカー、脳内メーカー等による結果)
アイコン:朧夜緋雨さまから

最新記事
カテゴリ
呟き、囁き、ぼやきに寝言
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード