ボカロ充と烈火充

最近のこのブログ、話鏡伝やドキパラを読んでいない人には面白くない話題ばかりですいません。
しかし今後もこんな感じになりそうです。いやはや。

ちなみに今日はヒトカラしてきました。
履歴をボカロで埋め尽くしてやったぜ!←

そして帰ってからは「烈火の炎」のゲーム(もはやアニメ)鑑賞会。
何度でも確認します。
烈火の炎……好き……!


あとやったことといえば、話鏡伝14話2封目の推敲作業ですかね。
ぼちぼち、更新の準備を始めたいと思います。



そういえば主従関係で1つ。
『護る者と護られる者』で出てきたセーガのお友達とその主(ロリっこ予定)のお話を書いてもいいなぁとぼんやり思いました。

春樹「わ!?」
幼女「うきゃ!?」
 ↓
友達「こるぁ! ぶつかったくらいで俺様を出すな!」
幼女「な、なによーっ。痛かったんだもん、怖かったんだもんー!」
友達「かー! 俺様使いの荒いおこちゃまめ! ……ん? セーガじゃねーか」
セーガ「……む」
友達「まさかこっちの世界で会うとはなー」
セーガ「……ハァ」
友達「おいおいつれねーな。あぁ、このモヤシっこがお前の主ってわけか」
春樹「Σモヤ……!?」
セーガ「おい。いくらお前でも御主人を愚弄するのは許さんぞ」
友達「そうムキになるなよ。こっちだってこーんなガキんちょでよ……まあでも将来にまだ期待できるかもしれねーからその分俺の方がマシかぁ」
幼女「●●(名前未定w)のすけべ」
友達「Σなんだと!? このロリっこの分際で!」
幼女「わたしは●●のご主人様なんだからねー!」
友達「ハハン、俺様を従えたきゃそれらしく振舞いな」
 ↓
春樹「なんか……すごい友達なんだね……」
セーガ「悪い奴ではないんだ……一応……(がっくり)」


ていう感じ。
守護獣でも仕方なく使命こなしちゃるぜ、ヘヘーンっていうタイプも中にはいるんだよっていう。
でもこの幼女が本当に危ない目に遭ったらこいつも本気出すんじゃないですかね。
まぁそれまでは「せめて胸がでかくなりゃなぁ」とかぼやいてるんじゃないですかね。
ひどいなこの守護獣www
スポンサーサイト
Home |  Category:雑記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

あずさ

Author:あずさ
武器:シャーペン、ノート、パソコン、ポメラ
レベル:29
二つ名:囁(アビス)
あだ名:エゴイスティックスケコマシ
四字熟語:好色生活
(※二つ名メーカー、脳内メーカー等による結果)
アイコン:朧夜緋雨さまから

最新記事
カテゴリ
呟き、囁き、ぼやきに寝言
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード