よく「烈火」を「劣化」と変換ミスして「ちぎぃいい」となったのも懐かしい思い出

皆様こんばんは。
教習所でたっぷり色々してきました。あずさです。
いや変なことはしてませんけどね! 乗っただけですけどね! 車にね!


あのですね……
何故でしょうか……

ふつふつと烈火熱が再熱しております。

私、初恋は忍たまのキリちゃんかCCの小狼くんだった気がするのですが……
本気で入れ込んでこれは愛だと思ったのはカオリンなんですよね……(危ない思考)

「またwwwこのオタクはwwwショタばっかり好きになりやがってwww」

とプギャーしたくなったそこのあなた……!

ちょっと待ってほしい。

私が烈火の炎にハマったのは自分が中学1年~2年辺りのとき。
そしてカオリンは作品の中では13~14歳、現役中学生……

そう!

お 似 合 い !

いや、それは語弊があるとしても、ええとつまり……対等!
中学生が! 中学生に! 萌え燃えきゅん! =日常茶飯事ふつうノーマル当たり前!
(※ただし相手は二次元)

私がショタコンなのではない。
時の魔法が残酷すぎるだけなのだ。
私の思いは風化せずただ昔から形を変えずにいるだけなのだ。

これぞ純愛ってやつですよね。麗しいですね。泣けますね(色んなイミで)


というか烈火の炎の文庫版の表紙が猫カオリンでどういうことなのおぎゃああああ となったのです。ええ。仕方ないね。
実はしばらく安西先生の絵を見たことがなかったのですが……また少し絵柄が変わっていたのですね。
といっても本当に見ていないので変なこといえませんけど、一連の表紙を見ただけだと、ずいぶん安定したなぁと思いました。
ていうか可愛くなった!
烈火の炎は天堂地獄編が一番線がキレイで好きだったんですが、今の絵柄(というか表紙絵)もすっげ好みです……!
あぁあぁどうしよう、いや、どうしようもないのですがどうしよう……! 悶々。
なんかもう燃え滾るこの思いをどこにどう処理すればいいのか分かりません。もだもだ。
まったくどこの思春期ですかあずささん。


一方で倭鏡伝熱も少しずつ……?
むしろ倭鏡伝熱が出ていたのに突如烈火熱が覆いかぶさってきて、ちょっと危ういですが(笑
恋は盲目ともいいますものね。仕方ないね。
負けじと倭鏡伝熱を燃え上がらせるには妄想するエネルギーがあればいいのですが……ううむ……

あぁ……でもそうだな……ちょっと葉兄に振り回される春樹は書いてみたいかな……
過剰なスキンシップだとかシャレにならない冗談の数々に「あぁああもぉおお!」となるんだけどそれすら上手くかわされて手が出せない春樹と、その反応にますますキャッキャと喜ぶ葉兄。と、それを見て「ウフフ仲の良いこと」とほんわかするお城の人。

春「ヽ(`Д´#)ノ」
葉「(( ´∀`))ゲラゲラ」
城「( *´艸`)」

こんな感じ。……なんか違いますね。
まあ顔文字じゃ限界がありますよねwww


それにしても烈火サイトさん回りたいなー……!
でも減ってるんだろうな……(人のこと言えないのですが! 全然言えないのですが!)
どこかいいところ、ないかなぁ( *´艸`)
スポンサーサイト
Home |  Category:雑記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

あずさ

Author:あずさ
武器:シャーペン、ノート、パソコン、ポメラ
レベル:29
二つ名:囁(アビス)
あだ名:エゴイスティックスケコマシ
四字熟語:好色生活
(※二つ名メーカー、脳内メーカー等による結果)
アイコン:朧夜緋雨さまから

最新記事
カテゴリ
呟き、囁き、ぼやきに寝言
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード