ゆらりん亭

オリジナル小説中心サイト「ゆらり」の戯言場。

Entries

書いてみたいなぁ

児童書が書きたいな、と、思いました。

児童書?
児童文学?

と、定義については非常に曖昧なのでその辺についてはご了承くださいw

いや、私自身きちんと読んだことはほとんどないのです。
でも先日ちらっと中身を覗いてみたら、思った以上に「ただの小説」っぽいなと思いました。

ただの、といっても「つまらない」という意味ではなく。
なんというんでしょうか……うーん、思っていたよりも子供子供していなかった?
確かに主人公たちは小学生や中学生くらいが多いのかもしれませんが、それくらいじゃないでしょうか。

確か『バッテリー』もそうでしたよね。
児童文学。
これは……アニメ化もしたんですっけ……?
少なくともコミック化はしてましたよね。

読んでいないので間違った知識を言っていたらただひたすらに謝るしかないのですが。
とにかくこの『バッテリー』もたいへん人気になったじゃないですか。
元は児童向けだったのに、明らかにお姉さん層もいたと思うんですよ(笑

だから、ね。

なんだ、大人も楽しめるのか。
変に子供っぽいわけじゃなくて、ふつうに大人でも楽しめるものなのか。

そう思ったわけです。

いや、むしろ、大人「も」楽しめるわけですよね。
子供も、大人も。
それって、良くないですか?
素敵じゃないですか?

しかも主人公が小中学生メインとか……
おい……

いいやないか……!!!(笑

大好物じゃないか……!!


^q^


今までは何となくラノベを目指していたのですが、そもそも私の小説ってあまりラノベにはなりきれていないのですよね。
どこが、と言われると非常に答えにくいのですが……
恐らく私の「萌え」は一般の感覚からかけ離れているんだと思います(笑
かといって大人のしっとりした純文学というのも厳しい……。

そんなことを考えたときに、思い切って、そして意識して、児童書を書いてみたいなぁと思ったのでした。


というか『倭鏡伝』含めて「あずさの書く小説って児童書みたいだよね」って友人からすでに言われてるんですけどね^q^
思い切り今更かもしれませんね。ふはは。


何かしっかり書いてみたいなぁ。
でも……

ネタ集めをしている段階で息切れしそう……(´;ω;`)



******


拍手レスは下の記事にあります。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

あずさ

Author:あずさ
武器:シャーペン、ノート、パソコン、ポメラ
レベル:29
二つ名:囁(アビス)
あだ名:エゴイスティックスケコマシ
四字熟語:好色生活
(※二つ名メーカー、脳内メーカー等による結果)
アイコン:朧夜緋雨さまから

最新記事

呟き、囁き、ぼやきに寝言