異なる行く末

2010/07/11 Sun 23:10

思うところがあって倭鏡伝10話を読み返していました。


……
…………

る……ルナぁああああ
大樹ぃいいいいい


うえええこんなに重かったかしら、うん、重かったよね!
倭鏡伝ってこんなんでしたっけ……!?
違和感!
始終重い!

予想していたより矛盾とかはなさそうでしたが……いや、でも今思うとルナやギャラの名前は失敗したかもしれないと思います。
和製にすれば良かった。
……いや、まだつじつ合わせは可能かな……うぅん。



ルナの未来も、頭の中ではうっすらと決まっていたりします。
なかなか書く勇気がないので本編では書かないかもしれませんが……。

決して全てが上手くいくわけではなく。
だけど救いがないわけでもなく。
ほんの少しの悲しさと、希望を含んだ、そんな未来です。

大樹なら、最終的にはそれも受け入れてくれると思いつつ……しかし書いて未来を定めるのはやっぱり怖いなぁ。
読者としても賛否両論になりそうですし。

そんなことをツラツラと考え、何だか切なくなってきました。
うーん、倭鏡伝は良くも悪くもテンションの差が様々というか、全体で見るとなんか落ち着きがないですね(笑)


明日も面接です。
準備してないや……どうすんべ。
スポンサーサイト
雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示