ちょっと真面目に

睡眠時間、3時間30分です\(^o^)/
昨日も4時間です\(^o^)/
でも今のところまだ元気。
自己暗示効果でしょうか。
一体なにかというと、起きた瞬間、「よく寝たー!」って思うのです。
たとえ眠くて仕方なくてもとにかく無理矢理起きて「ぐっすり寝たー!」って言い聞かせる。
二度寝しないのがポイント。
二度寝すると次起きるときさらにエネルギー使いますから、いっそ無理にでも起きた方が後々すっきりしてくるのです。
意外と効果あるのでオススメ。


で、今日は朝早くから学会のお手伝いに行ってました。
そこで就活についてゼミの先生とちらっと話しました。


就職活動の早期化は、正直なところ、学生にとっても企業にとっても大学にとってもデメリットの方が大きいのではないかと。

就職活動だからと講義を休む人がいますが、なかにはそれで単位を取れなくなるという悪循環な人もいるそうです。
単位が取れない状態にまで陥るのは、もうちょい計画的にというか、考えて動こうぜという気もしますが……
実際、平日の日中でも企業側でセミナーはやっているわけで、どうしても就職したい学生としてはそちらを取りたくなるのでしょう。
ただでさえ不景気だ、内定率低下だ、等々騒がれている現在です。
その流れに乗らなければどんどん取り残されていきます。
そういう枠ができていることは否定できません。
そしてその枠の中でただ取り残されてしまうことがどれだけ恐ろしいことか。

でも講義や研究を疎かにして、何のために大学に通ってるの?
……と、大学の先生たちからすれば思うわけでしょう。
こういう学生たちの事情を何となくでも知っているので正面からは言わないでしょうが、少なからず違和感を持っているはずです。
ここは大学なんだと。就職支援所じゃないんだと。

しかも早期化によって、入社予定より一年も前に内定を出した(学生からすれば貰った)挙げ句、どかんときた内定切り騒動ですよ。
学生はもちろん、企業だって打撃です。
ただの(と言うのもおかしなものですが)業績不振だけでもつらいというのに、「学生が可哀相」という世間からの非難が向けられるわけです。


この状態で誰が幸せなの?


ちゃんと調べたわけではないので浅い発言かもしれませんが、どうしたってデメリットばかり目立つ気がするんですよね。
あえてメリットを言うなら早期囲い込みでより確実に学生が確保できる、ってことくらいですか?
それすら本当にメリットなのか危うい気もしますが。うーん、ちょっと分からないです。分かる人がいたら教えてください。

ともかく一見しただけではデメリットばかり。
これが例えば、卒業してから就職活動を始めることにすれば、学生は大学生活に集中することもできます。
企業だって内定を決めてからすぐに実際に雇えるわけだから内定切りをすることもありません。(まあ将来どうなるかなんて分らないのは同じですけど、正社員として1年働けば一心同体で踏ん張っていくしかないんじゃないですかね……いや分かりませんが)


そっちの方がいいんじゃないの、と先生と話していました。

私も概ね同意です。
よく分かっていない部分も多いですが、やっぱり、ちょっと今の体制はどうなのかなって思う。
インターンシップみたいな社会経験などはあっていいと思いますよ。
社会に向けての準備をするなとは言わない。
むしろ経験を積むのは決して無駄じゃないと思う。
ただ、それと囲い込みはやっぱり別じゃないかなと思うのです。


で、私と後輩と先生でうだうだ話していたのですが、

後輩「でもそうなっちゃってるんだからどうしようもないじゃないですか?」

先生「いや、あるよ。やろうと思えば。署名とかたっくさん集めて経団連に送りつけたりすればいい。民主党とかにも送ったらいいんとちゃう?」


……すでにありそうだなぁ、と思ってインターネットで調べてみたのですが、探し方が下手なのかよく分かりませんでした。
でも東大やら何やらの院生については要請が出ていたりするみたいです。
全日本学生自治会総連合とかも要請出してる……?


それでも変わる気配はないですよね……うーん。
モヤモヤ。
スポンサーサイト
Home |  Category:雑記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

あずさ

Author:あずさ
武器:シャーペン、ノート、パソコン、ポメラ
レベル:29
二つ名:囁(アビス)
あだ名:エゴイスティックスケコマシ
四字熟語:好色生活
(※二つ名メーカー、脳内メーカー等による結果)
アイコン:朧夜緋雨さまから

最新記事
カテゴリ
呟き、囁き、ぼやきに寝言
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード