諸々を雑多に詰め込み

※拍手レスは下の記事にあります。



■ひさっちのMAD

完成乙おつー!
友人にMAD職人はいなかったから何だか「ふぉおお」って興奮してきました。
すげぇえ、職人すげぇえ!

キュンのとことかかわいそうのとことか
かわえええええええ
ぐるぐるかわえええええええ



何より「うるせーぞ」が生き生きしすぎていて、良かったなぁと、思いました(´ω`*)←

その後の馬鹿馬鹿も可愛すぎて「何なの? 馬鹿って私なの? ありがとうございます!」って思ったよね。あ、それじゃただの変態だね。通常だね。

かわゆかった、キュンキュンしました、はふはふ!
あ、興味のある方はひさっち宅へどぞー☆
日記にありますよ!

ひさっち宅@The farthest Land



■近況

ケータイが壊れました\(^o^)/

故障の原因がいまひとつ分からないみたいなんですが、
といいますか、
どれが原因か分からないからこそ、


データ初期化\(^o^)/


画像とか全部……ふーん……ふーん……
まあいいけど\(^o^)/


最近何かダウンロードしませんでしたかと聞かれましたが、全く覚えがありません。
電話帳は、まあ、以前のに残っていますから移せば何とかなりますけど……画像、パァか……(・ω・`)
最後の画像はあれですかね、らき嬢からきた「大きくなれ」。

……。
……。

画像消えても、まあいいか\(^o^)/



■霧生ヶ谷

メモで書いていた霧生ヶ谷の前編を投下してきました。
後編はもう少しだけ手直しするんで(本当にちょいちょいですが)、また少し時間がかかるかもしれません。
サイトには両方、同時にアップしましょうかね?

でも最近、霧生ヶ谷は大人しめですよね~。
まあ仕方ないんですが。私も久々の投稿ですしw
その投稿が魔法少女であることに笑いを隠せない自分。自重? 何それ美味しいの?^q^



■追記にまたメモ

メモというほどでもないんですが、例の女体化設定で、「もし春樹と会っちゃったら?」というのを考えてみました。
苦手な方がいるかもしれませんので追記に殴り書いておきます。
設定はコレとかコレとかコレとかを見れば、大体分かるはず。


*******ここから********


 町中で見知った姿を見つけた。
 そう認識すると同時に、考えるより早く声をかけていた。

「大樹!」

 その声に反応したのだろう、少し離れた先にある背中がびくんと跳ねる。それからぎこちなくこちらを振り返り、

「はるに……っ!?」
「……あ、れ……?」

 視覚と脳がどうにも上手く連携が取れず、春樹は硬直したまま目の前の弟――だと思っていた少女を見下ろした。
 よくよく見れば、少女は大きめの帽子をかぶりショートパンツ。髪が肩ほどまである。しかし朝別れた弟はジーパンにロングTシャツ、パーカー羽織っていた。当然髪は短い。服装も違えば姿も違う。本来ならば後ろ姿だからといって間違うはずもない。

「あ……ごめんね。その、おと……知り合いに似ていると思っちゃって。間違いだったみた……い……」

 慌てて笑みを取り繕うが、まじまじと見ているうちにその笑顔も消えていく。確かに目の前にいるのは紛れもなく少女だというのに、

(似てる……)

 顔の造りが他人のそら似では済ませられないほど似ている。さらに言うなら雰囲気までもが弟の大樹と似ており、次第に間違ったのも仕方なかったのかもしれないと思うようにまでなった。

「大樹……?」

 無意識に近いレベルで呟けば、少女はビクリと肩を強ばらせた。

「え、や、ちが……」
「そ、そうだよね。……あれ、でもさっき春兄って……」

 ふと思い出して怪訝さに拍車がかかる。春樹を見たとき、彼女は春兄、と呼んだ。驚きが強かったようできちんと言ったわけではないが、他に考えられる言葉も少ない。
 春樹の疑問に、少女はあからさまに狼狽した。見ている方がハラハラするほど目を泳がせている。――こういうところもやはり大樹に似ている。

「ど、どーすんだよ怨鬼……! ――え? でも、……わ、わかった……」
「? あの……?」
「ああああの! だ、大樹くんのお兄さんですよね!」
「え」

 予想外のことをたどたどしく意気込まれ、春樹は数度瞬いた。

「そう、だけど……」
「オレ、……ゃ、あたし? お兄さんのこと、大樹くんから聞いてます」
「……大樹の知り合い、なの?」
「は、はい」
「えっと……お名前、聞いてもいいかな」
「……舞……です」

 そう答えた声は聞き逃しそうなほど小さく弱々しかった。

「……」



さて、ここで
ライフカァァァアアド!!


1、もしや隠し子がいたのかと母を問いつめる
2、やっぱり大樹だろと目の前の少女を問いつめる
3、世の中には似ている人が3人いると言うもんなと納得する


さ あ ど う す る ! ?



……^q^

いや、大樹はやっぱり知り合いにはバレたくないわけですよ。
特にお兄ちゃんになんてバレたら嫌なわけですよ。
完全にバレてしまえば、開き直っていつも通りに振る舞いそうな子ですけどね。
バレるかバレないか、その辺までがかなりの挙動不審。

うん、
お兄ちゃんだって弟が女の子になっていたらビビるよね!
そりゃそうだ!

多分少しだけ離れたところでは、カーラ君とシロが悪い人たちをまたタキシード姿で成敗してるんじゃないかな←


ちなみに舞(怨鬼)さまからの一言↓
舞「さっさと誤魔化してレディースディを堪能しに行くわよ!」

お前遊びたいだけだろっていう。しかも他人の身体でっていう。
基本的に舞さんはこういう奴です^^^^
「正義の味方って響きがカッコイイよね」っていう程度で実のところ悪い奴を倒すとか倒さないとか割とどうでもいいです^^^^
大樹はキレていいと思う。
スポンサーサイト
Home |  Category:メモやら小話やら |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

あずさ

Author:あずさ
武器:シャーペン、ノート、パソコン、ポメラ
レベル:29
二つ名:囁(アビス)
あだ名:エゴイスティックスケコマシ
四字熟語:好色生活
(※二つ名メーカー、脳内メーカー等による結果)
アイコン:朧夜緋雨さまから

最新記事
カテゴリ
呟き、囁き、ぼやきに寝言
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード